PLEASE READ

Please do not repost my romaji or translations to other sites.
If there are any mistakes, please let me know. (:

2/25/2016: Updated English translation policy! Please see this page.

Friday, August 3, 2012

MEIKO- Escape of Salmhofer the Witch | 魔女ザルムホーファーの逃亡 (Majo ZARUMUHOOFAA no Toubou)


prequel to moonlit bear

Hana chiru mori no michi kakenuketa
Akai futatsu no kajitsu
Mune ni daite yoru wo hashiru
Toubousha

Chichi mo shirazu haha mo shirazu
Hitori bocchi de sodatte kita
Hatachi no toki aishita no wa
Hitogoroshi no hanzaisha

Aku ni hikareta naraba
Mizukara mo somatte iku
Soshite hito wa watashi wo
"Majo" to yonda

Hana saku aku no michi kakenuketa
Akai senketsu wo abite
Haitoku no ai ni nigekonda togabito

"Kodomo-tachi ga doko ni mo inai"
Chimamire de nakisakebu onna
Sore wo miorosu watashi ni totsujo
Maki tsukerareta kusari

Tsumi wa itsuka sabakareru mono
Rougoku wa mukishitsu de kuraku
Shokei isu no mae ni tatta
Kare ni nite iru kagakusha

Koko kara detai watashi
Jikkendai ga hoshii kagakusha
Ima futari no rigai ga kasanatta

Tsumetai ishi no michi kakenuketa
Shiroi shuujin fuku wo nuide
Mukau sono saki ni wa kenkyuujo

Umekomareta kami no tane ga
Watashi no naka de kodou wo tateta
Umiotoshita kawaii futago
Chichi no inai jikkentai

Omoidashita omoidashita
Watashi no katsute konna fuu ni
BIIKAA no naka de tsukuridasareta
ghoul child datta koto wo

BIIKAA ni tsunagareta waga ko-tachi
Migatte na no wa wakatteru
Kono ko-tachi wo omocha ni wa saseyashinai!

Nigete bakari no jinsei deshita
Watashi ga erare nakatta
Hito kakera no ai wo
Semete kono ko-tachi ni wa

Hana chiru mori no michi kakenuketa
Aisuru futari no aka ko
Mune ni daite yoru wo hashiru toubousha

Tonari no kuni kakure kurasu
Hitome wa sake nakya ikenai no
Tsukiyo no naka dekakeru no wa
Kodomo-tachi to watashi ga
Okiniiri no ERUDO no mori

Tanoshii sanpo ni naru hazu na no ni
Honno sukoshi me wo hanashita suki ni
"Kodomo-tachi ga doko ni mo inai no"

--

花散る森の道 駆け抜けた
赤い二つの果実
胸に抱いて 夜を走る
逃亡者



父も知らず 母も知らず
一人ぼっちで育ってきた
二十歳の時 愛したのは
人殺しの犯罪者

悪に惹かれたならば
自らも染まっていく
そして人は私を
『魔女』と呼んだ

花咲く悪の道 駆け抜けた
赤い鮮血を浴びて
背徳の愛に逃げ込んだ咎人



「子供たちがどこにもいない」
血まみれで泣き叫ぶ女
それを見下ろす私に突如
巻きつけられた鎖

罪はいつか裁かれるもの
牢獄は無機質で暗く
処刑椅子の前に立った
彼に似ている科学者

ここから出たい私
実験台が欲しい科学者
今 二人の利害が重なった

冷たい石の道 駆け抜けた
白い囚人服を脱いで
向かうその先には研究所



埋め込まれた神の種が
私の中で鼓動をたてた
産み落とした可愛い双子
父のいない実験体

思い出した 思い出した
私のかつてこんなふうに
ビーカーの中で作り出された
人造体(ghoul child)だったことを

管に繋がれた我が子たち
身勝手なのはわかってる
この子たちを玩具にはさせやしない!



逃げてばかりの人生でした
私が得られなかった
ひとかけらの愛を
せめてこの子たちには



花散る森の道 駆け抜けた
愛する二人の赤子
胸に抱いて 夜を走る 逃亡者



隣の国 隠れ暮らす
人目は避けなきゃいけないの
月夜の中 出かけるのは
子供たちと私が
お気に入りのエルドの森

楽しい散歩になるはずなのに
ほんの少し目を離したすきに
「子供たちがどこにもいないの」

No comments:

Post a Comment