PLEASE READ

Please credit if you repost my romaji or translations to other sites.
If there are any mistakes, please let me know. (:

2/25/2016: Updated English translation policy! Please see this page.

Monday, April 29, 2013

Hatsune Miku • GUMI- Open Seam | ほころび (Hokorobi)



Toosugita mirai ga ima wa me no mae de, hora
Arukidasenai mama tachi sukunda boku wo miteru

Chikasugita bokura wa itsumo tagai no subete
Atarimae no you ni kanji nagara sugoshite kita

Deai no haru mo waratta natsu mo
Sabishii aki mo koi shita fuyu mo

Hora, nando demo
Sou, nando demo
Kimi no kokyuu ga kikoeru

Tojita hitomi ni egaita sono keshiki wa
Itsumo bokura kawaranu mama
Onaji toki wo kizande yuku
Kese wa shinai yo bokura ga ita sekai wa
Iroasete mo hokoronde mo
Ano hi no mama tsudzuite yuku

Geta bako ni kakushita boku no hontou no kimochi
Dare mo kizukanu mama toki wa nagare kiete itta

Kyoukasho no rakugaki kimi ga oshiete kureta
Nanigenai jikan no sukima ni aru shiawase no kakera

(Ah...)

Mabushii hikari ga bokura wo tsutsumi konde
Mada shiranai tooi basho e
Kimi to boku wo hakonde yuku
Kese wa shinai yo bokura ga ita sekai wa
Iroasete mo hokoronde mo
Ano hi no mama tsudzuite yuku

Onaji basho de mata, aeru hi made

--

遠すぎた未来が 今は目の前で、ほら
歩き出せないまま立ち竦んだ僕を見てる

近すぎた僕らは いつも互いのすべて
当たり前のように感じながら過ごしてきた

出会いの春も 笑った夏も
寂しい秋も 恋した冬も

ほら、何度でも
そう、何度でも
君の呼吸が聞こえる

閉じた瞳に描いたその景色は
いつも僕ら変わらぬまま
同じ時を刻んでゆく
消せはしないよ 僕らが居た世界は
色褪せても 綻んでも
あの日のまま続いてゆく

下駄箱に隠した 僕の本当の気持ち
誰も気づかぬまま時は流れ 消えていった

教科書の落書き 君が教えてくれた
何気ない時間の隙間にある 幸せの欠片

眩しい光が僕らを包み込んで
まだ知らない遠い場所へ
君と僕を運んでゆく
消せはしないよ 僕らが居た世界は
色褪せても 綻んでも
あの日のまま続いてゆく

同じ場所で また、会える日まで

KAITO- Threadnation | スレッドネイション


Iyo iyo KANGAESUgite
Toutou MAYOI KONda ne
IKUDO mo OMOI TODOmatte
TOKI toshite AFUreDAshite

UTAGAi nagara mo SHINjite
Tachimachi he KOnde shimau ne
USHINAtte bakari demo naze
TATAKAu no darou

Hotsureta KOKORO de
Mada SUSUmou to mogaite

Tsukame sou de tsukami kirenai
Tsukanda to HIRAite mo soko ni wa NAI
TOTETSU mo nai OOkina CHIKARA ni MOTEASObare

KIDZUiteru no ni AKIRAmenai
KArenai TSUkinai WAkiDAshite kuru
SHOUDOU ni ARAGAezu
TADOtte Iku

Iroiro Uke TOriSUgite
Sorosoro TSURA sou da ne
ICHIDO IDAite mitatoshite
Sono TOKI MItasareru dake

NANI mo dekinai to KANjite
Tachimachi he KOnde shimau ne
NANDO KUri KAEshite mo naze
MOTOmeru no darou

TSUKAreta KARADA de
Uke TOmeyou to KAMAete

HANAre sou de HANArerarenai
HANAsou to nanka motomotoshite nai
Kono MIGATTE na OMOi wa TOGIre sou ni nai

YAMI KUMO ni FUri HARAttatte
Matowari TSUki KARAmari
TSUki matowareru SHIBArareru
NOGArerarenai

TAGUTTE TAGURI YOSETE
KARANDE KARAMATTE
HIKICHIGITTE HIKICHIGIRARE
SHIBATTE SHIBARITSUKETE

TAGUTTE TAGURI YOSETE
KARANDE KARAMATTE
HIKICHIGITTE HIKICHIGIRARE
SHIBATTE SHIBARITSUKETE

AOgi INOri UTAi EGAki ODOri
MUKAeta ano HI no MIRAI
KakiKEshitai you na MOYOU no you na
Owaraseyou to shita KISEKI

Moshi mada NOZOmi ga aru no nara
IRODZUku anata wo MItsuketa nara
USO de KOWAsarete iku nara
Tamerai nante mou ii kara
UMU nante Iwasezu
TAGUri YOseru

--

 いよいよカンガえスぎて
とうとうマヨいコんだね
イクドもオモいトドまって
トキとしてアフれダして

ウタガいながらもシンじて
たちまちヘコんでしまうね
ウシナってばかりでもなぜ
タタカうのだろう

ほつれたココロで
まだススもうともがいて

つかめそうでつかみきれない
つかんだとヒラいてもそこにはナい
トテツもないオオきなチカラにモテアソばれ

キヅいてるのにアキラめない
カれないツきないワきダしてくる
ショウドウにアラガえず
タドってイく

いろいろウけトりスぎて
そろそろツラそうだね
イチドイダいてみたとして
そのトキミたされるだけ

ナニもできないとカンじて
たちまちヘコんでしまうね
ナンドクりカエしてもなぜ
モトめるのだろう

ツカれたカラダで
ウけトめようとカマえて

ハナれそうでハナれられない
ハナそうとなんかもともとしてない
このミガッテなオモいはトギれそうにない

ヤミクモにフりハラったって
まとわりツきカラまり
ツきまとわれるシバられる
ノガれられない

タグッテタグリヨセテ
カランデカラマッテ
ヒキチギッテヒキチギラレ
シバッテシバリツケテ

アオぎイノりウタいエガきオドり
ムカえたあのヒのミライ
かきケしたいようなモヨウのような
オわらせようとしたキセキ

もしまだノゾみがあるのなら
イロヅくあなたをミつけたなら
ウソでコワされていくなら
ためらいなんてもういいから
ウムなんてイわせず
タグりヨせる

Saturday, April 27, 2013

KAITO- Winter Daphne | 蓬莱花 (Houraika)



Kono yubi ga oboeteru
Kimi no ago no katachi
Kono nodo ga oboeteru
Kimi no na no hibiki

"Mieru? Yuki" to kimi ga
Itazura ni hohoemu
Yoake ni mi wo okosu
Tojiteta mado

Shourou no tobari wa
Kasuka ni kaze ni yure
Koko ni, kimi wa inai

Kimi e egaku
Yuki wo sutte
Suzuri no sumi fudezome
Tojita mabuta kioku nazore

Kimi ni egaku
Yuki ni uzumi
Nemuru niwa ni fukuramu
Tsubomi
Sou houraika

Kono ude ga oboeteru
Kimi no se na no marumi
Kono mimi ga oboeteru
Kimi kaesu irae

Shindai no kashoku wa
Yokogao ni kirameku
"Kirei ni kaite ne" to
Waratta kimi

Mayonaka no kewai wa
Yuruyaka ni shizuka ni
Shiroku kimi yosoou

Kimi to egaku
Kotoba kawasu
"Mou jiki ne," to sasayaki
Kimi wa hitomi tojite nemuru

Tsudzuki wo matsu
Ima mo matsu yo
Haru wo matte ita kimi
E ni wa
Hana wo chirasou

Kimi wo daita
Boku ni tooi
Migi no hoho ga nureteta
Namida
Saigo made kakushite

Kimi wo egaku
Yuki ni uzumi
Nemuru oka ni koboruru
Kaori
Sou houraika

--

此の指が憶えてる
君の顎の容
此の喉が憶えてる
君の名の響

「観える?雪」と君が
悪戯に微笑む
夜明けに身を起こす
閉じてた窓

小楼の古帳は
微かに風に揺れ
ここに、君はいない

君へ描く
雪を磨って
硯の墨 筆染め
閉じた瞼記憶なぞれ

君に描く
雪に埋み
眠る庭にふくらむ

そう蓬莱花

此の腕が憶えてる
君の背なの丸み
此の耳が憶えてる
君返す応え

寝台の花燭は
横顔にきらめく
「綺麗に描いてね」と
微笑った君

真夜中の化粧(けわい)は
ゆるやかにしずかに
白く君よそおう

君と描く
言葉交わす
「もうじきね、」とささやき
君は瞳閉じて眠る

続きを待つ
今も待つよ
春を待っていた君
絵には
花を散らそう

君を抱いた
僕に遠い
右の頬が濡れてた

最後まで隠して

君を描く
雪に埋み
眠る岡に零るる
香り
そう蓬莱花

Monday, April 22, 2013

GUMI- Childhood Blues | オサナナブルー (OSANANA BURUU)


"Gojuuichi-nichikan sono oka de hi ga ochiru sora tsudzukete mitodoketara, koi ga kanau"
Netsuben suru watashi ni akire wo kakusu koto naku AITSU wa natsu sora wo aogu────

Sonna uwasa wo unomi ni suru WAKE wa nai desho!? Yada yada!
"Tsui ni OMAE momakki ka" nante shingai desu

Baka wo miru you na me wa yamete? Gankake mitai na MONO da yo da yo!?
Oitsumerarete kitara sa sooyuu no mo hitsuyou da mon

"Iidasu to kikanai. Marude kodomo da" nante
Kikiireru ki ga nai yaru tte kimeta kara!

Koi wo shite wakaru koto ga atta motto suki ni natta
MUKI ni natta ki ni natte naite naitte
Chiisana yuuki no kakera wo goi no hi ni atsume omoi yo ano sora ni todoke────

AITSU wa bucchoudzura de fute kusareteru mitai
Daitai! Sonna IYA nara mainichi tsuki awanakerya ii ja nai? Mou!

"Kuraku natte abunai" shitsukoku kodomo atsukai!?
"Douse tsudzukikko nai" hai hai, mitete yo ne!

KIMI dakara konna ni shizentai de irareru no ka na? tte
Kanatte hoshii koi wo himete omou yo
Ikutsu mono shitsuren wo itsumo nagusamete kureta AITSU ni kono omoi todoke────

Shishunki bakuhatsu shite soen ni nacchattari se mo nobite shisen no taka sa datte sa
Ironna koto ga kawatte itte osananajimi tte muzukashii na. MUZU kayui na.. Hazukashii na, aa......

Gojuuikkai me no hi ga ochiru sora oka no ue ni naranda futatsu no kage
"Kondo wa dare ni koishita no? Ouen suru" to kobosu kare no te wo nigiru

"────sonna KIMI dakara, koi wo shita"

Fukigen sou na kao ni akami sa shichatte sa terekakushi no kuse wa kawaranai yo ne
Sonna tokoro mo suki, tte imagoro kidzuita no
"......osoi yo" tte tsuneranai de!

--

“51日間その丘で 日が落ちる空 続けて見届けたら、恋が叶う”
熱弁する私に呆れを隠すことなく アイツは夏空を仰ぐ────

そんな噂を鵜呑みにするワケはないでしょっ!? やだやだ!
「ついにオマエも末期か」 なんて心外です

馬鹿を見るような目はやめて? 願掛けみたいなモノ、だよだよ!?
追い詰められてきたらさ、そーゆーのも必要だもん

「言い出すと聞かない。まるで子供だ」なんて
聞き入れる気がない やるって決めたから!

恋をしてわかることがあった もっと好きになった
ムキになった 気になって泣いてないって
小さな勇気の欠片を51の日に集め 想いよあの空に届け────

アイツは仏頂面で不貞腐れてるみたい
大体! そんなイヤなら毎日付き合わなけりゃいいじゃない?もう!

「暗くなって危ない」 しつこく子供扱い!?
「どうせ続きっこない」 はいはい、見ててよね!

キミだからこんなに自然体でいられるのかな?って
叶って欲しい恋を秘めて思うよ
幾つもの失恋をいつも慰めてくれた アイツにこの想い届け────

思春期爆発して疎遠になっちゃったり 背も伸びて視線の高さだってさ
色んなことが変わっていって 幼馴染って難しいな。ムズ痒いな。。恥ずかしいな、あぁ・・・・・・

51回目の陽が落ちる空 丘の上に並んだ二つの影
「今度は誰に恋したの?応援する」と零す彼の手を握る

“────そんなキミだから、恋をした”

不機嫌そうな顔に赤みさしちゃってさ 照れ隠しの癖は変わらないよね
そんなところも好き、って今頃気付いたの
「・・・・・・遅いよ」ってつねらないでっ!

Saturday, April 20, 2013

Kagamine Len- Drowning in a Wave of Grief | かなしみのなみにおぼれる (Kanashimi no Nami ni Oboreru)


Teashi futatsu-zutsu haete iru teido ja aiseru mono mo ni, san de
Sore ga BAKA mitai ni fuete iku you da to sutete ka nakya ikenai ne
Dakara takusan aiseru you ni to ijikitanai kono boku wa
Aru hi bukiyou na jibun wo aisuru no wa yame ni suru to kimetanda
Boku wa boku wa

Kami-sama kara sazukatta kono inochi wo haha kara uketa inochi wo
Boku wa hitonami ni wa tsukae mo shinai no de kesa no GOMI ni dashimashita

Dare ni mo kitai nante sarezu ni iyoiyo kaien wo semararete
Tsui ni maku wo aketa jinsei gekijou kyaku mo inai mama ni

Kanashimi no nami ni oboreru kanashimi no nami ni oboreru

Doumo kono kokoro wa juushou rashii ga shihan yaku mo kikaneeshi
Sore ni hazukashi nagara kono seikatsu de wa isha ni tayoru kane mo nai
Dakara pokkari aita kizuguchi wa tou no mukashi ni tadarete
Aru hi kizuguchi kara tareteta munashisa ga GERO haku you ni afureta

Kyoushitsu no sumi de dokusho wo suru rinto shita nagakami no ano ko wa
Boku ga koishiteru to hayashi taterarete ijime ni aimashita

Kanashimi no nami ni oboreru kanashimi no nami ni oboreru

Shihatsu no odakyuu ga maiasa boku wo donari tsukete wa tobiokita boku no ichinichi wo kyou mo hiki koroshiteku
Ikiru tame ni taberu tame ni daijina mono wo urisugita you de
Itsumade tatte mo kono ookina ana wa tataerare yashinai

Kanashimi no nami ni oboreru kanashimi no nami ni oboreru
Kanashimi no nami ni oboreru kanashimi no nami ni oboreru

--

手足二つずつ生えている程度じゃ 愛せるものも二、三で 
それがバカみたいに増えていくようだと 捨ててかなきゃいけないね
だから沢山愛せるようにと 意地汚いこの僕は
ある日不器用な自分を愛するのは 止めにすると決めたんだ
僕は 僕は

神様から授かったこの生命を 母から受けた生命を
僕は人並みには使えもしないので 今朝のゴミに出しました

誰にも期待なんてされずに いよいよ開演を迫られて
ついに幕をあけた人生劇場 客もいないままに

かなしみのなみにおぼれる かなしみのなみにおぼれる

どうもこの心は重症らしいが 市販薬も効かねえし
それに恥ずかしながらこの生活では 医者に頼る金もない
だからぽっかり開いた傷口は 疾うの昔に爛れて 
ある日傷口から垂れてた虚しさが ゲロ吐くように溢れた

教室の隅で読書をする 凛とした長髪のあの子は
僕が恋してると囃し立てられて いじめに遭いました

かなしみのなみにおぼれる かなしみのなみにおぼれる

始発の小田急が毎朝僕を怒鳴りつけては 飛び起きた僕の一日を今日も轢き殺してく
生きるために食べるために 大事な物を売り過ぎたようで
いつまで経ってもこの大きな穴は 湛えられやしない

かなしみのなみにおぼれる かなしみのなみにおぼれる
かなしみのなみにおぼれる かなしみのなみにおぼれる

Friday, April 12, 2013

Kagamine Rin- Please, World | オネガイセカイ (ONEGAI SEKAI)


Arukinareta michi wo kimi to futari narande kaeru
"Itsumodoori" no kawaribae no nai
Sonna, ame no hi

Hohaba awasete kokyuu awasete yasashii "itsumo no kimi" ga
Futo tachidomari kasureta koe de itta
"SAYONARA" tte

Ame ga yasashiku mimi wo kasumete okashii na, kiki machigai ka na?
"Nante itta no...? Kikoenai yo"
Iya iya iya iya iya...kikitakunai!

Onegai da yo, uso da to itte yo tatta hitokoto dake de ii kara
Kimi to ita sekai wa motto zutto yasashii hazu na no
Mitometakunai kimi ni suterareta sekai nante

Nagare ochita shizuku no umi ni fukaku fukaku shizunde
Nani mo dekizu, nani mo susumanai jikan ga sugita

Seiippai ni yatte ita tsumori de chigatta, no ka na
Doshaburi no ame, harenai mama
Itsuka, raku ni nareru?

Sou da, sutete shimaeba ii, zenbu omoide mo wasurete shimaeba
Isso kirai ni natte shimaou
Kirai kirai kirai kirai kirai...ni, narenai yo

Onegai da yo, jikan wo modoshite saisho kara yarinaosetara...
Kimi no inai sekai wa konna ni mo konna ni mo tsurai yo
Iranai kara kimi ni suterareta watashi nante

Onegai da yo, uso da to itte yo tatta hitokoto dake de ii kara
Kimi to ita sekai wa motto zutto yasashii hazu na no
Mitometakunai kimi ni suterareta nante

Onegai da yo, jikan wo modoshite saisho kara yarinaosetara...
Kimi no inai sekai wa konna ni mo konna ni mo tsurai yo
Iranai kara...kimi ni suterareta watashi nante

Sekai nante...mirai nante...watashi, nante...

Iranai

--

歩き慣れた道を君と 二人並んで帰る
「いつもどおり」の 代り映えのない
そんな、雨の日

歩幅合わせて 呼吸合わせて 優しい「いつもの君」が
ふと立ち止まり 擦(かす)れた声で言った
「サヨナラ」って

雨が優しく耳を霞めて おかしいな、聞き間違いかな?
「何て言ったの・・・? 聞こえないよ」
嫌 嫌 嫌 嫌 嫌・・・ 聞きたくない!

お願いだよ、嘘だと言ってよ たった一言だけでいいから
君と居た世界は もっとずっと優しいはずなの
認めたくない 君に捨てられた現実(せかい)なんて

流れ落ちた雫の海に 深く深く沈んで
何もできず、何も進まない時間が 過ぎた

精一杯にやっていたつもりで 違った、のかな
どしゃぶりの雨、晴れないまま
いつか、楽になれる?

そうだ、捨ててしまえばいい、全部 想い出も 忘れてしまえば
いっそ 嫌いになってしまおう
嫌い 嫌い 嫌い 嫌い 嫌い・・・に、なれないよ

お願いだよ、時間を戻して 最初からやり直せたら・・・
君の居ない世界は こんなにもこんなにも辛いよ
いらないから 君に捨てられた私なんて

お願いだよ、嘘だと言ってよ たった一言だけでいいから
君と居た世界は もっとずっと優しいはずなの
認めたくない 君に捨てられたなんて

お願いだよ、時間を戻して 最初からやり直せたら・・・
君の居ない世界は こんなにもこんなにも辛いよ
いらないから・・・ 君に捨てられた私なんて

現実(せかい)なんて・・・ 未来なんて・・・ 私、なんて・・・

いらない

GUMI- Chandelier | シャンデリエ


Dare mo shiranai, mukashi no hanashi.
Sotto hokage wa kataridasu.
Tsumetai nami oto, hibiku oka de,
Sono musume wa umareta.

Hosoi yubi de egaku itsuka mita keshiki wo,
Hito no iu shiawase ni tomoshite,
Shinjiteitakatta.

Akai rousoku, shizuka ni moeru.
Kono mune de yureru hikari.
Sore wa dareka ga yume mita,
Tada no moroi maboroshi.

Toki wa nagarete sagame wa yureru.
Koko ni shinobi yoru kurai kage.
Yasashii hito-tachi wa kokoro wo nakushi,
Toraware yuku kono ude.

Utagata no omoi ga, saigo no fude wo toru.
Aisareta sono iro wa,
Kanashiku, hakanaku utsuru dake.

Akai rousoku, shizuka ni moeru.
Kono yami wo himeru hikari.
Sore wa tae yuku inori.
Koe ga nami ni kieta.

Kono itami wa, yagate subete wo nomikomu darou.
Machi wo, umi wo, soshite tsuioku wo,
Hitotsu nokorazu keshisaru you ni.

Akai rousoku, shizuka ni moeru.
Kono yume wo oeru hikari.
Yagate, subete ga kieru.
Umi no oto ga hibiite, hikari ga ten e to noboru,
Tada no moroi maboroshi.

Dare mo shiranai, mukashi no hanashi.
Sotto hokage wa kataridasu.
Tsumetai nami oto, hibiku oka de,
Owatta hitotsu no monogatari wo.

--

誰も知らない、昔の話。
そっと火影は語り出す。
冷たい波音、響く丘で、
その娘は生まれた。

細い指で描く何時か見た景色を、
人の云う仕合せに灯して、
信じていたかった。

赤い蝋燭、静かに燃える。
この胸で揺れる光。
それは誰かが夢見た、
ただの脆い幻。

時は流れて運命は揺れる。
ここに忍び寄る暗い影。
優しい人たちは心を失くし、
囚われゆくこの腕。

泡沫の想いが、最後の筆を執る。
愛されたその色は、
哀しく、儚く映るだけ。

赤い蝋燭、静かに燃える。
この闇を秘める光。
それは絶えゆく祈り。
声が波に消えた。

この傷みは、やがて全てを飲み込むだろう。
町を、海を、そして追憶を、
ひとつ残らず消し去るように。

赤い蝋燭、静かに燃える。
この夢を終える光。
やがて、全てが消える。
海の音が響いて、光が天へと昇る、
ただの脆い幻。

誰も知らない、昔の話。
そっと火影は語り出す。
冷たい波音、響く丘で、
終わったひとつの物語を。

Monday, April 1, 2013

IA- Lost Time Memory | ロスタイムメモリー


Suunen tatte mo kage wa kienai kanjou bakari ga tsunotte iku
Uzukumatte hitori egaite ita
Enten chokka sakamichi no ue nijinda bokura ga aruite ita
Natsu no ondo ga me ni nokotte ita

"Kamawanaide yo," "dokoka e itte kure" kimi no te wo haratta
"Ikanai yo" nante itte kimi wa boku no te wo tsukanda
"Urusai na" boku wa chotto no saki wo furikaezu ni aruita
"Hontou no kokoro wa?"

"Soumei" nanka ja mae wa mukenai riyuu ga nai kara kusatte iku
Maki modotte kurereba ii no ni na
Nan-nen tatte mo boku wa shinanai kibouron bakari wo tonaete iru
Touzen kyou mo kimi wa inai no ni sa

"Kamawanai, shine yo, shine yo" tte tekubi wo nigitte, tada norotte
Nani mo dekinai de tada, nounou to jinsei wo musabotta
"Natsu ga yume wo miseru no nara, kimi wo tsuresaru mae e" nante
Tere kakushi shita hibi ga kuuki wo terashite nouri wo kogashite iku

Juuhassai ni natta shounen mata dokoka de matte itanda
KAGEBOUSHI nijimu sugata wo omoidashite
Entenka ni sunda koutei waratte ita kimi ga kyou mo
"Asobou yo" tte itte YURAYURA yureta

"Shinpai desu" to bukiyou na kao rinjin nanka ni wa wakannai sa
Kanashisou na FURI wo shinaide kure
Mourou, kyou mo fushizen de iyou kinou no PEESU wo mamotte iyou
Kimi no ondo wo wasurenai you ni

Kanawanai yume wo negau no nara isso kasureta kako wo daite
Samenai yume wo miyou touzen no you ni tojikomotte
"Sore jaa, asu mo mienai mama desu yo?"
Sore nara sore de ii sa
Tsumaranai hibi wo korosu you nite wo some, "hitori" wo erabu kara

Juuhassai, kusatta shounen mata kyou mo inottetanda
Iromeita kimi no egao ni shigamitsuite
Entenka ni "douka isso tsurete tte kure yo" nante
Tsubuyaite iki wo shizuka ni tometa

"Kikoete imasu ka" to koe ga kieta
Riyuu mo nandaka wakatte ita
Natsu no ondo ni te wo nobashite ita

Entenka, negatta shounen "ano koro" ni tatte itanda
Natsumeku kimi no egao wa kawaranakute
"Shinjatta. Gomen ne" nante
'''SAYOUNARA' shiyou ka" nante
Sabishii koto iwanaide ikanaide
KAGEBOUSHI ga sonna boku wo mitsumete itanda

--

数年経っても影は消えない 感情ばかりが募って行く
踞って一人描いていた
炎天直下 坂道の上 滲んだ僕らが歩いていた
夏の温度が目に残っていた

「構わないでよ、」「何処かへ行ってくれ」君の手を払った
「行かないよ」なんて言って君は僕の手を掴んだ
「五月蠅いな」僕はちょっとの先を振り返ずに歩いた
『本当の心は?』

「聡明」なんかじゃ前は向けない 理由が無いから腐って行く
巻き戻ってくれれば良いのにな
何年経っても僕は死なない 希望論ばかりを唱えている
当然今日も君は居ないのにさ

「構わない、死ねよ、死ねよ」って手首を握って、ただ呪って
何も出来ないでただ、のうのうと人生を貪った
「夏が夢を見せるのなら、君を連れ去る前へ」なんて
照れ隠しした日々が 空気を照らして脳裏を焦がしていく

18歳になった少年 また何処かで待っていたんだ
カゲボウシ滲む姿を思い出して
炎天下に澄んだ校庭 笑っていた君が今日も
「遊ぼうよ」って言ってユラユラ揺れた

「心配です」と不器用な顔 隣人なんかには解んないさ
悲しそうなフリをしないでくれ
朦朧、今日も不自然でいよう 昨日のペースを守っていよう
君の温度を忘れない様に

叶わない夢を願うのならいっそ掠れた過去を抱いて
覚めない夢を見よう 当然の様に閉じ篭って
「それじゃあ、明日も見えないままですよ?」
それならそれで良いさ
つまらない日々を殺す様に手を染め、『一人』を選ぶから

18歳、腐った少年 また今日も祈ってたんだ
色めいた君の笑顔にしがみついて
炎天下に「どうかいっそ連れてってくれよ」なんて
呟いて息を静かに止めた

「聞こえていますか」と声が消えた
理由もなんだか解っていた
夏の温度に手を伸ばしていた

炎天下、願った少年 「あの頃」に立っていたんだ
夏めく君の笑顔は変わらなくて
「死んじゃった。ごめんね」なんて
「『サヨウナラ』しようか」なんて
寂しいこと言わないで 往かないで
カゲボウシがそんな僕を見つめていたんだ

Kagamine Rin and Len- Taketori Overnight Sensation | 竹取オーバーナイトセンセーション



To ni mo kaku ni mo koi ni ochita wake de arimasu
Sennen saki sameyaran utae odore ya kokoro moyou

Yareyare amata no hitomi wo itadzura ni...
Sonna watashi me ga mikado ni tsukaeau sono riyuu wa hitsujuhin desu no

Nao de motte wa sara no koto
Tsuki no manimani ote wo haishaku

Sono mama, unmei shigosen toppa-pa-pa nemurenai
Kono mama, hourai no kyoukaisen kitte mondou muyou

Tsuki ni se wo muketa nayotake no
Wagamama himegimi aa kanashi-shi-shi

To ni mo kaku ni mo koi ni ochita wake de arimasu
Kokushoku tenkou saitoku kenbi ooban-burumai yon-genso

Imasara fushi no kusuri to fuji no kemuri kuyuru watashi ga
Kimi ga tame no toki omoI omoWARE nani wo sasayakou

Sosshite jika ni moushimasu
Oyome ni hitotsu ikaga desu desu?

Sono mama, tenchi kanjousen toppa-pa-pa nemurenai
Kono mama, taikutsu na jiyuu yori souran e torai

Tsuki ni se wo muketa nayotake no
Wagamama na watashi yurushite ne ne ne

Acchi wa POI shite kocchi wa hoshikute
Acchi wa POI shite kocchi wa
"TONTON" "n?"

Acchi mo hoshikute kocchi mo ho • shi • i • no
Acchi mo hoshikute HARAHOROHIREHARERO...

Shitteru jiyuu wo sagasu koto nante imasara bakageteru
Tonari no KAGO ni tobi utsutta tori mitai ja nai
Shitteru dou yatte mo doko ni demo aru you na niritsu-haihan
Tsumari zenshin-zenrei no ima wa uso nanka ja

Nai kara

Unmei shigosen toppa-pa-pa nemurenai
Kono mama, hourai no kyoukaisen kitte mondou muyou

Tsuki ni se wo muketa nayotake no
Ifuu ni doudou touhou ni fuhai
Wagamama himegimi aa kanashi-shi-shi

--

兎にも角にも 恋に落ちたわけであります
千年先覚めやらん 詠え踊れや心模様

やれやれ 数多の人身をいたづらに・・・
そんな私めが 帝(みかど)に仕え逢うその体裁(りゆう)は必需品ですの

尚でもっては更の事
月のまにまに お手を拝借

其の侭、運命子午線突破眠れない
此の侭、蓬莱の境界線切って問答無用

月に背を向けた弱竹(なよたけ)の
我が侭姫君 嗚呼愛ししし

兎にも角にも 恋に落ちたわけであります
国色天香 才徳兼備 大盤振舞 四元素

今更不死の薬と富士の煙 くゆる私が
君が為の時 想イ想ワレ 何を囁こう

率して直に申します
お嫁に一ついかがですです?

其の侭、天地環状線突破眠れない
此の侭、退屈な自由より騒乱へ徒来

月に背を向けた弱竹(なよたけ)の
我が侭な私 許してねねね

あっちはポイして こっちは欲しくて
あっちはポイして こっちは
「トントン」 「ん?」

あっちも欲しくて こっちも欲・し・い・の
あっちも欲しくて hrhrhrhrr...

知ってる自由を探す事なんて今更馬鹿げてる
隣のカゴに飛び移った鳥みたいじゃない
知ってるどうやっても何処にでもあるような二律背反
つまり全身全霊の今は嘘なんかじゃ

ないから

運命子午線突破眠れない
此の侭、蓬莱の境界線切って問答無用

月に背を向けた弱竹(なよたけ)の
威風に堂々 東方に不敗
我が侭姫君 嗚呼愛ししし