PLEASE READ

Please do not repost my romaji or translations to other sites.
If there are any mistakes, please let me know. (:

2/25/2016: Updated English translation policy! Please see this page.

Monday, January 6, 2014

GUMI- Kimi ga Mata Utaitakunaru Koro ni. | キミがまた歌いたくなる頃に。



Yuuhi ga sueru ongaku-shitsu
PIANO ni koshikakeru ayakashi
Jama wo suru fuu ni wa mienai ka
Futari no uta ga hajimatta

Kenban tataku HAPPII itsumo kodoku na ensoukai
Saikou sa
Hitori hitori kyoudan agatte iku koukai shokei
Saiaku sa

Aa yappari uta wa kirai da
Inokori kettei sai TESUTO
Mugon de ashi wo BURA tsukasete
OMAE wa soshiranu kao

Nidome no shiren INTORO ga nagareta

Hajimete kiku OMAE no uta
Amari ni KIREI de nakisou da
Kasaneyou HETAKUSO nari no uta

Hisshi na gyousou no fukyouwaon no tonari
Suzushii kao shite yagaru
Demo itta daro? Utaitakunai n da

Baka ni sareta utagoe wo kagi wo shite tojikometa
Waraimono ni sareta kako mo
Nagesuteta hazu no sore wo OMAE ga doushite mottenda
Mou...akenaide kure yo

Narenai kyoudan abiru shisen
Shimaru nodo ni tsuba wo nomu
Mugon de ashi wo BURA tsukasete
OMAE wa soshiranu kao

Ikudome ka shiren wa norikoerare sou da

"Mou daijoubu"

Nando mo kiita OMAE no uta
Amari ni KIREI de kiesou da
Kasanatte hitotsu ni natta uta

Saa osoreru na hitori de susunda saki ni
Hirogaru koukoutaru sekai
Mou arukeru ga tonari ga sabishii
Senaka wo oshita no wa dare dakke
Dakara ittaro? Utaitakunai n da

--

夕日が据える音楽室
ピアノに腰掛ける妖(あやかし)
邪魔をする風には見えないか
二人の歌が始まった

鍵盤叩く ハッピー いつも孤独な演奏会
最高さ
一人一人 教壇上がっていく 公開処刑
最悪さ

ああ やっぱり 歌は嫌いだ
居残り決定 再テスト
無言で足をブラつかせて
オマエは素知らぬ顔

二度目の試練 イントロが流れた

初めて聴くオマエの歌
あまりにキレイで泣きそうだ
重ねよう ヘタクソなりの歌

必死な形相の不協和音の隣
涼しい顔してやがる
でも言っただろ? 歌いたくないんだ

馬鹿にされた歌声を 鍵をして閉じ込めた
笑いものにされた過去も
投げ捨てたはずのそれを オマエがどうして持ってんだ
もう・・・開けないでくれよ

慣れない教壇 浴びる視線
締まる喉に 唾を飲む
無言で足をブラつかせて
オマエは素知らぬ顔

幾度目か試練は乗り越えられそうだ

「もう大丈夫」

何度も聴いたオマエの歌
あまりにキレイで消えそうだ
重なって 一つになった歌

さあ恐れるな 一人で進んだ先に
広がる 煌々(こうこう)たる世界
もう歩けるが 隣が寂しい
背中を押したのは誰だっけ
だから言ったろ? 歌いたくないんだ

No comments:

Post a Comment