PLEASE READ

Please do not repost my romaji or translations to other sites.
If there are any mistakes, please let me know. (:

2/25/2016: Updated English translation policy! Please see this page.

Sunday, December 22, 2013

Hatsune Miku • Kagamine Len- Uproar of Teacher and Girl -Second Trial- "Diary of the Victim" | 先生と少女騒動-第二審-「被害者の日記」 (Sensei to Shoujo Soudou -Dainishin- "Higaisha no Nikki")



Part 1: Uproar of Teacher and Girl -First Trial-

"Moshimo sore ga shinjitsu nara
Atashi, tengoku ni ikenai ne."

"Kimi ga nozomu naraba ima,
Boku ga tsurete ikimashou"

"Sensei, kore wa nan no jugyou?
...Kurai. Nani mo mienaku natta"

"Kowagaru koto wa nai.
Boku wa koko ni iru."

Uso de oowareta jibun ni kidzuite shimatta
Itsuka raku ni naritai na
Watashi dake demo tenshi ni naritai.

Sensei, atashi ga miete masu ka?
Obieteru no?...Furueteruwa
Nikutai-teki na kutsuu de tamashii wo kaihou suru riron de tasukete
Atashi no naka no akuma wo dashite
Hane ga haetara,
KISU shite ii kara

MAMA wa itsumo fukigen na no
PAPA wa oshigoto de kaeranai

Sore wa sore wa kawaisou
Zenbu hanashite goran yo

KURASU no KO wa atashi no koto,
Hen na ada na de yonde iru no.

Kimi no sono KARUMA wo
Shizumete ageyou

Nemurenai toki, atama no naka de itsumo
Ikiru imi wo toi tsudzuketeta
Kuragari no naka, hitotsu no kotae wo mitsuketa
Atashi wa itsumo hitori da.
Dareka ni hitsuyou to saretai no

Dare de mo yokatta
Sensei, gomen nasai.

Hora, karada nante azadarake de
Uzuichatte itaitashii
Sensei, miete imasu ka?
Sono hitomi ni wa atashi shika utsuranaku naru
Nante suteki na koto nan deshou

――Akuma ga hohoenda――

Ki ga furete iku "ANATA" wo mitete
Ando sae kanjita n desu.
Boroboro ni naru karada to urahara ni seishin wa, mitasareru
Atashi no akuma ni miirareta ANATA ni wa doujoushimasu.

Sayonara, sensei.

--

「もしもそれが真実なら
私、天国にいけないね。」

「君が望むならば今、
僕が連れていきましょう」

「先生、これはなんの授業?
・・・暗い。何も見えなくなった」

「怖がることはない。
僕はここにいる。」

嘘で覆われた自分に気づいてしまった
いつか楽になりたいな
私だけでも天使になりたい。

先生、私が見えてますか?
怯えてるの?・・・震えてるわ
肉体的な苦痛で魂を解放する理論で助けて
私の中の悪魔を出して
羽根が生えたら、
キスしていいから

ママはいつも不機嫌なの
パパはお仕事で帰らない

それはそれは可哀そう
全部話してごらんよ

同級生(クラス)のコは私のこと、
変なあだ名で呼んでいるの。

君のそのカルマを
鎮めてあげよう

眠れないとき、頭の中でいつも
生きる意味を問い続けてた
暗がりの中、ひとつの答えをみつけた
私はいつも独りだ。
誰かに必要とされたいの

誰でもよかった
先生、ごめんなさい。

ほら、体なんて痣だらけで
疼いちゃって痛々しい
先生、みえていますか?
その瞳には私しか映らなくなる
なんて素敵なことなんでしょう

――悪魔が微笑んだ――

きがふれていく「アナタ」をみてて
安堵さえ感じたんです。
ぼろぼろになる体と裏腹に精神は、満たされる
私の悪魔に魅入られたアナタには同情します。

さよなら、先生。

No comments:

Post a Comment