PLEASE READ

Please do not repost my romaji or translations to other sites.
If there are any mistakes, please let me know. (:

2/25/2016: Updated English translation policy! Please see this page.

Friday, February 15, 2013

Hatsune Miku • Megurine Luka- Akatsuki Arrival | アカツキアライヴァル



Yuushitessen no saki sara naru takami e kisoiau futari
Kotoba nado iranai aite no yokogao dake misuete

Ataeau shigeki te wo nobashita nara todoku kyori ni ite mo
Kesshite sono te wo toriau koto wa nai tagai wo mitomeatteta

"KIMI no daiyaku wa hoka no dare ni mo deki wa shinai kara"

Tomo ni hashitte shitte shitto shite senaka wo zutto otte itte
Narande "nanda konna mon ka" tte waratte

"Hate wa nai" tte itte HATto shita saisho wa tekishi shitete
Sunao ni nante nande natte, tte fushigi de

"Oboeteru?"
"Oboete iru yo"
"KIMI to ayunda ano hibi wo"

Ketsumazuki nagara sa nagara yozora ni todoki sou na hodo
Hashiri tsudzuketeta tatoe mou tonari ni nee, KIMI ga inaku natte mo

"Nande sonna kanashii me wo shite sora wo miageru no?"

Saki wo hashitte kutte ittatte gendo arutte nante katte
Hashitte mo hashitte mo oitsukenai yo

"UCHI no kachi! tte nante joudan jan chanto waratte naite naide
Mezasu basho ga atte ganbatte itandeshou?"

"Wasurenai"
"......wasurete ii yo"
"KIMI no sono sugata wo" "Watashi no sonzai wo"

"Furimukanaide. Koko wa mada michi no tochuu dakara"
Mae wo mukou tsurai kedo KIMI ga nozomu no naraba......!

Tonari de motto motto mottotte issho ni zutto zutto zutto
Susumeru to rikutsu naku shinjiteta
Doushite nande nande nande tte wameite tatte nan mo nakute
Te wo nobashite mo mou todokanai kyori

Tomo ni hashitte shitte shitto shite senaka wo zutto otte itte
Narande "nanda konna mon ka" tte waratte
Saki wo hashitte kutte ittatte gendo arutte nante katte
Hashitte mo hashitte mo oitsukenai
Wasurenai───wasurenai kara. Saikou no RAIBARU wo

--

有刺鉄線の先 更なる高みへ 競い合う二人
言葉などいらない 相手の横顔だけ見据えて

与え合う刺激 手を伸ばしたなら届く距離にいても
決してその手を取り合うことはない 互いを認め合ってた

「キミの代役は他の誰にもできはしないから」

共に走って知って嫉妬して 背中をずっと追っていって
並んで『なんだこんなもんか』って笑って

「果てはない」って言ってハッとした 最初は敵視してて
素直になんてなんでなって、って不思議で

“覚えてる?”
「覚えているよ」
「“キミと歩んだあの日々を”」

蹴躓きながら さながら夜空に届きそうな程
走り続けてた 例えもう隣に ねぇ、キミがいなくなっても

“なんでそんな悲しい目をして空を見上げるの?”

先を走ってくっていったって 限度あるってなんて勝手
走っても走っても追いつけないよ

“ウチの勝ちッ!ってなんて冗談じゃん ちゃんと笑って泣いてないで
目指す場所があって頑張っていたんでしょう?”

「忘れない」
“・・・・・・忘れていいよ”
「キミのその姿を」 “私の存在を”

“振り向かないで。ここはまだ道の途中だから” 
前を向こう 辛いけどキミが望むのならば・・・・・・!

隣でもっともっともっとって 一緒にずっとずっとずっと
進めると理屈なく信じてた
どうしてなんでなんでなんでって 喚いてたってなんもなくて
手を伸ばしてももう届かない距離

共に走って知って嫉妬して 背中をずっと追っていって
並んで『なんだこんなもんか』って笑って
先を走ってくっていったって 限度あるってなんて勝手
走っても走っても追いつけない
忘れない───忘れないから。最高のライバルを

No comments:

Post a Comment