PLEASE READ

Please do not repost my romaji or translations to other sites.
If there are any mistakes, please let me know. (:

2/25/2016: Updated English translation policy! Please see this page.

Friday, January 4, 2013

Kagamine Len- Kept Waiting For a Response | 待ち続けた手紙 (Machi Tsudzuketa Tegami)


*From mothy's album "Triangle vol.1"

Chiisai koro oya ni suterare
Umi no mieru koji-in de sodatta
Yashinatte kureta no wa
Toshioita shuudoujo
Kanojo wa totemo yasashikute
Itsumo NIKONIKO waratteta
Tatoe mazushii seikatsu demo
Bokura wa mina shiawase datta

Yagate kanojo wa yamai ni fushi
Ten ni mesareru hi ga chikadzuita
Kanojo no makuramoto de
Bokura wa kou itta
Koko made sodatete kureta
Anata ni ongaeshi ga shitai
Donna mucha demo kamawanai
Nanika negai wa nai desu ka?

Kanojo wa nikori to hohoemi
Konna fuu ni kotaete kita
Watashi wa zutto matte iru
Tegami no henji wo matte iru
Wakakatta ano hi ni dashita
Todoita ka douka mo wakaranai tegami wo

Moshimo negai ga kanau nara
Moshimo tsumi ga yurusareru nara
Ano tegami no henji ga hoshii
Sore wo matte iru

Kanaerareru hazu mo nai negai
Douka wasurete to kanojo wa warau
Kanojo no dashita tegami
Dare ni okutta mono na no ka?
Bokura wa minna de tewake shite
Kunijuu wo sagashite mawatta
Soshite kanojo no kako wo shiru
Gaka no roujin wo mitsuketa

Roujin ga kataru shinjitsu
Kanojo wa katsute hito wo koroshita
Ooku no hito ga fukou ni nari
Ooku no hito ga namida wo nagashita
Tegami wo okutta aite wa
Mou kono yo ni wa inai hito
Henji ga kuru koto wa nai

Sore demo kanojo wa matsu no darou
Sono mi ga kuchihateta ato demo
Kitto kanojo wa matsu no darou
Henji ga kuru made

Tsui ni sono toki wa yatte kita
Kanojo no shougai wa maku wo tojiru
Boku wa kanojo no te no naka
Ichimai no youhishi wo watasu

Sore wa boku ga kinou kaita
Itsuwari no tegami no henji
Kanojo wa sore wo hitome miru to
Saigo ni "arigatou" to itta

Kiete iku kanashiki negai
Itsumodoori no ano egao
Tsumi ni kidzuku no wa itsudatte
Subete owatta ato

--

小さいころ親に捨てられ
海の見える孤児院で育った
養ってくれたのは
年老いた修道女
彼女はとても優しくて
いつもニコニコ笑ってた
たとえ貧しい生活でも
僕らは皆 幸せだった

やがて彼女は病に伏し
天に召される日が近づいた
彼女の枕元で
僕らはこう言った
ここまで育ててくれた
あなたに恩返しがしたい
どんな無茶でもかまわない
何か願いはないですか?

彼女はにこりと微笑み
こんな風に答えてきた
私はずっと待っている
手紙の返事を待っている
若かったあの日に出した
届いたか どうかもわからない手紙を

もしも願いが叶うなら
もしも罪が許されるなら
あの手紙の返事が欲しい
それを待っている

叶えられるはずもない願い
どうか忘れてと彼女は笑う
彼女の出した手紙
誰に送ったものなのか?
僕らはみんなで手分けして
国中を探して回った
そして彼女の過去を知る
画家の老人を見つけた

老人が語る真実
彼女はかつて人を殺した
多くの人が不幸になり
多くの人が涙を流した
手紙を送った相手は
もうこの世にはいない人
返事が来ることはない

それでも彼女は待つのだろう
その身が朽ち果てた後でも
きっと彼女は待つのだろう
返事が来るまで

ついにその時はやってきた
彼女の生涯は幕を閉じる
僕は彼女の手の中
一枚の羊皮紙を渡す

それは僕が昨日書いた
偽りの手紙の返事
彼女はそれを一目見ると
最後に「ありがとう」と言った

消えていく悲しき願い
いつも通りのあの笑顔
罪に気付くのはいつだって
全て終わった後

No comments:

Post a Comment