PLEASE READ

Please do not repost my romaji or translations to other sites.
If there are any mistakes, please let me know. (:

2/25/2016: Updated English translation policy! Please see this page.

Saturday, November 22, 2014

GUMI- The Boy and the Magic Robot | 少年と魔法のロボット (Shounen to Mahou no ROBOTTO)



Tokeidai no aru machi ni, utau koto ga daisuki na
Shounen ga sunde imashita.
Yowamushi na shounen wa, jibun no koe ni jishin ga motezu
Hitomae de utau koto ga dekimasen.

Sore wo mita hakase wa maiban nemuri mo sezu,
Shounen no tame ni tsukurimasu.
KOTOBA to MERODII wo oshieru dake de, hora.
Omoidoori ni utau mahou no ROBOTTO.

"KIMI ga tsukutta ongaku wo WATASHI ga utaiageru yo."
Me wo maruku shita shounen wa osoru osoru, BOTAN wo oshimashita.

Sukoshi dake bukiyou na koe dakedo,
Yozora ni hibiita sono koe wa
Tashika ni shounen no kokoro ni todoite imashita.
Todoite imashita.

Sono hi kara shounen wa maiban nemuri mo sezu,
ROBOTTO no tame ni tsukurimasu.
KOTOBA to MERODII wo oshieru tabi ni, hora.
Shiawasesou ni utau mahou no ROBOTTO.

"Boku ga tsukutta ongaku wo dareka ni kiite hoshikute"
Me wo hikaraseta shounen wa osoru osoru, BOTAN wo oshimashita.

Sukoshi dake bukiyou na koe dakedo,
Sekaijuu ni hibiita sono koe wa
Tashika ni hitobito no kokoro ni todoite imashita.
Todoite imashita.

"Itsumade mo KIMI no uta wo...."

Itsushika kisetsu wa sugisatte,
Shounen mo otona ni narimashita.
Ano toki, oshiete kureta uta.
WATASHI wa ima demo oboete iru kara.

Sukoshi dake fushizen na koe dakedo,
Yozora ni hibiita kono koe wa
Ima demo KIMI no sono kokoro ni todoite imasu ka?
Todoite imasu ka?

"WATASHI no utagoe, kikoete imasu ka"

--

時計台のある街に、歌うことが大好きな
少年が住んでいました。
弱虫な少年は、自分の声に自信が持てず
人前で歌うことができません。

それを見た博士は毎晩眠りもせず、
少年のために作ります。
コトバとメロディーを 教えるだけで、ほら。
思い通りに歌う魔法のロボット。

「キミが作った音楽をワタシが歌い上げるよ。」
目を丸くした少年は おそるおそる、ボタンを押しました。

少しだけ不器用な声だけど、
夜空に響いたその声は
確かに少年の心に届いていました。
届いていました。


その日から少年は 毎晩眠りもせず、
ロボットのために作ります。
コトバとメロディーを教える度に、ほら。
幸せそうに歌う魔法のロボット。

「僕が作った音楽を誰かに聞いてほしくて」
目を光らせた少年は おそるおそる、ボタンを押しました。

少しだけ不器用な声だけど、
世界中に響いたその声は
確かに人々の心に届いていました。
届いていました。


「いつまでもキミの歌を…。」

いつしか季節は過ぎ去って、
少年も大人になりました。
あの時、教えてくれた歌。
ワタシは今でも覚えているから。

少しだけ不自然な声だけど、
夜空に響いたこの声は
今でもキミのその心に届いていますか?
届いていますか?

「ワタシの歌声、聞こえていますか」

No comments:

Post a Comment