PLEASE READ

Please do not repost my romaji or translations to other sites.
If there are any mistakes, please let me know. (:

2/25/2016: Updated English translation policy! Please see this page.

Sunday, August 31, 2014

GUMI- Sakura-colored Time Capsule | 桜色タイムカプセル (Sakura-iro TAIMU KAPUSERU)



"Haikei watashi e
Nijuugosai no kimi ni, kyou ga dou mieru ka na?"

"Ano ne..."

Furisosogu sakura-ame no naka
Yubi otta kazu wa sotsugyou e no hibi
Sannen aruita kono michi ga
Sukoshi-zutsu dakedo mijikakunaru you de kogareta

Imi nante motomezu sugoshita mainichi
Kokoro nokori mo mune ni daite

Nanbyakkai mo me wo tsumutta BOKU no taisetsu na omoi
Arienai tte rashikunai tte
Nandomo ii kikaseta
Modokashisa ni riyuu wo tsukete sugaru dake no okubyoumono
Tsutanai mie wo hatte mata uso wo tsuita

Dokoka no dareka ga iidashita
Arifureta "TAIMU KAPUSERU sakusen"
Ano hito wa nani wo nokosu ka na ki ga tsuku to
Itsumo mune no oku no oku mada oku

Surechigau dake de ureshikute hakanai
Kokoro nokori mo ienakute

Nanzenkai mo hitei shiteta BOKU no kakushiteru kimochi
Ki no sei datte tsukareteru tte
Koi ni koishite ita
Yarusenasa ni riyuu wo kasane sugaru dake ja susumenai
Saigo wo kazaru hana wa ANATA e no omoide

Kidzuite ki ga tsuita hontou no
Tsugezu ni koukai wo suru kurai nara iou

Kimi e

Sakusen toujitsu tayori wo futatsu nigiri
Saigo no ano michi de
Kioku no SUTOROBO matataki kokoro tsuku
Daisoreta kokuhaku nanka ja nakute

Nanjukkai mo kakinaoshita BOKU no taisetsu na omoi
Mou yameyou tte demo kakou tte
Nandomo ii kikaseta

Sakura-iro no binsen futatsu mirai no BOKU ni takushite
Honjitsu hana nochi ame mata uso wo tsuki waratta

"Juunen-go no KIMI ni wa sou iemasu you ni..."

--

"拝啓 私へ
25歳の君に、今日がどう見えるかな?"

「あのね・・・」

降り注ぐ桜雨の中
指折った数は 卒業への日々
三年歩いたこの道が
少しずつだけど 短くなるようで 焦がれた


意味なんて求めず過ごした毎日
心残りも胸に抱いて


何百回も目を瞑った ボクの大切な想い
ありえないって らしくないって
何度も言い聞かせた
もどかしさに理由を付けて 縋るだけの臆病者
拙い見栄を張って また嘘をついた


どこかの誰かが言いだした
ありふれた 『タイムカプセル作戦』
あの人は何を残すかな 気がつくと
いつも 胸の奥の奥 まだ奥


すれ違うだけで嬉しくて儚い
心残りも言えなくて


何千回も否定してた ボクの隠してる気持ち
気のせいだって 疲れてるって
恋に恋していた
やるせなさに理由を重ね 縋るだけじゃ進めない
最後を飾る華は アナタへの想いで


気づいて気がついた 本当の
告げずに後悔をするくらいなら言おう

君へ

作戦当日 便りを二つ握り
最後のあの道で
記憶のストロボ瞬き 心付く
大それた告白なんかじゃなくて


何十回も書き直したボクの大切な想い
もうやめようって でも書こうって
何度も言い聞かせた

桜色の便箋二つ 本気(みらい)のボクに託して
本日 桜(はな)のち雨 また嘘をつき笑った   

「10年後のキミにはそう言えますように・・・」

No comments:

Post a Comment