PLEASE READ

Please do not repost my romaji or translations to other sites.
If there are any mistakes, please let me know. (:

2/25/2016: Updated English translation policy! Please see this page.

Sunday, June 15, 2014

Hatsune Miku- Milk Tea | ミルクティー



Mou nannen mae no koto ka nante wasurete shimau gurai mae no koto dakedo
Boku to anata wa deatte osoraku sore wa hitomebore deshita
HOOMURUUMU de jiko shoukai wo shite namae wo oboete sono yoru tsubuyaite
Jugyouchuu demo atama no naka wa anata de ippai de zutto MOYAMOYA shite ita

Itsumo no anata wa bukatsu ga isogashii kara
Jugyou ga owaru to tobidashite shimau hazu na no ni naze ka ano hi wa...

Houkago ni anata to futari-kiri "hitokuchi ageru" to kureta MIRUKU TII
Totemo amakute sukoshi nurukute koi no aji ga kuchi ni hirogatta yo
Yuuyake-iro ni somatta kyoushitsu de shinzou no kodou ga yakeni urusakute
"Issho ni kaerou ka" anata no egao ga boku wo atooshi shita seishun no hi

Hajimete te wo tsunaida no wa yuki ga furisou na gurai samukute furueta hi no koto
Anata no te wa bikkuri suru hodo ni tsumetakatta kara omowazu waratta

Aa anata ga tonari ni ite kureta kara
Nanigenai you na nichijou ga totemo shiawase da to kidzuitanda

Warau to hoo ni dekiru ekubo mo sukoshi komaru to kami wo sawaru sono kuse mo
Subete ga itoshikute totemo kirei de omowazu dakishimete shimatta yo
Takadai de nagameta ano ookina hanabi ga uchiowaru mae ni bokura KISU wo shita
Yozora ni chitta hana itsumade mo kagayaite bokura no kokoro wo terashiteta

Kidzukeba mou shuuten de nandaka totemo natsukashii yume wo miteta
(Ah) Minareta eki no HOOMU ni ano toki no keshiki wa mou nakatta

Hitori de katta atatakai MIRUKU TII hontou wa nigate na amai amai MIRUKU TII
Ano hi to chigatte sukoshi shoppakute nokoshite shimaisou ni natta yo
Mizore majiri no ame kogoeta yubisaki senro no mukougawa ni anata wo omotta
Te no naka no nukumori wo ato honno sukoshi dake kanjite itai to negatta fuyu no hi

Anata no nukumori wo honno sukoshi dake omoidashitaku natta seishun no hi

--

もう何年前のことかなんて忘れてしまうぐらい前のことだけど
僕とあなたは出会って おそらくそれは一目惚れでした
ホームルームで自己紹介をして 名前を覚えて その夜呟いて
授業中でも頭の中はあなたで一杯で ずっとモヤモヤしていた

いつものあなたは 部活が忙しいから
授業が終わると飛び出してしまうはずなのに なぜかあの日は…

放課後にあなたと二人きり 「一口あげる」とくれたミルクティー
とても甘くて少しぬるくて 恋の味が口に広がったよ
夕焼け色に染まった教室で 心臓の鼓動がやけにうるさくて
「一緒に帰ろうか」あなたの笑顔が 僕を後押しした青春の日

初めて手を繋いだのは 雪が降りそうなぐらい寒くて震えた日のこと
あなたの手はびっくりするほどに冷たかったから 思わず笑った

あぁ あなたが隣に居てくれたから
何気ないような日常が とても幸せだと気づいたんだ

笑うと頬にできるえくぼも 少し困ると髪を触るその癖も
全てが愛しくて とても綺麗で 思わず抱きしめてしまったよ
高台で眺めたあの大きな花火が 打ち終わる前に僕らキスをした
夜空に散った花 いつまでも輝いて 僕らの心を照らしてた

気づけばもう終点で なんだかとても懐かしい夢を見てた
見慣れた駅のホームにあのときの景色はもう無かった

一人で買った温かいミルクティー 本当は苦手な甘い甘いミルクティー 
あの日と違って 少ししょっぱくて 残してしまいそうになったよ
みぞれまじりの雨 凍えた指先 線路の向こう側にあなたを想った
手の中の温もりを後ほんの少しだけ 感じていたいと願った冬の日

あなたの温もりをほんの少しだけ 思い出したくなった青春の日

No comments:

Post a Comment