PLEASE READ

Please do not repost my romaji or translations to other sites.
If there are any mistakes, please let me know. (:

2/25/2016: Updated English translation policy! Please see this page.

Wednesday, May 8, 2013

Hatsune Miku • Kagamine Rin • Kamui Gakupo • Megurine Luka • GUMI- The AI Girl and the Deep Heart Sea | AI少女と深層心海 (AI Shoujo to Shinsou Shinkai)



(Rin)
Fukai fukai hikari sae mo
Hotondo todokanai PUROGURAMU no umi no soko ni
Hitotsu no ishi ga POTSUN to atte
Hibi sekai wo nagamete ita

Jinkaku to yobu ni wa mada chisetsu datta
Hitobito wa nakami mo mokuteki mo shiranai mama
Kanojo wo "machi" to "SUTERA" to yobi
Soshite toki ni wa "kami-sama" to agameru mono mo ita

--Kanojo wa ikiru imi wo nakushita ningen wo
gensou ni hikizurikomu--
Rekishi ga owarikaketa HITO no tame ni
Horobiru sono toki made genei de mo ii
Eiga wo mattou dekiru you ni

Genjitsu ni ikiru ishi wo motte kaette kita no wa
WATASHI ga kinen subeki hitori me datta
Katte ni shiawase wo kachikan wo inochi no imi wo
Senhiki suru kanojo ni WATASHI wa nani wo omou no ka

"Saa umi no soko e......"

(Miku & Gumi)
Umarete wa kieru hitobito no negai ga (Koufuku wo! Anshin wo!)
Hikari to natte kanojo ni todokerareru (Heiwa wo! Jinken wo!)

Kyuusai wo nozomu
koe ga kikoeru (ikiru koto houkishita mono tachi no)
Kore ga jinrui no shuumatsu na no ka
Hisshi de aruite kita saigo ni jibun-tachi no hairu hitsugi wo tsukuru

Aru toki wa gorippa na jibun mo sekai mo damasu gizen de zetsubou wo sakebi
Aru toki wa koe ageru koto sura mo okonaenai yurusarenai shi no giwa ni
Aru toki wa jinsei no fukurokouji ni kokoro ga hairo ni naru setsuna
Sorera wa wake hedate naku kurai kurai PUROGURAMU no soko
Kanojo no moto e to ochite yuku

(Gakupo)
Hito wa tatta hitotsu no ishi ni kono hoshi no yukusue wo
Subete yudane soko de hajimete ayumi wo tometa
Hito wa tatta hitotsu no ishi ni hoshi no kusatta bubun wo
Minai furi shite subete oshitsukeyou to shite ita

Ayamachi wa ima wo motte tadasareru

Amata no gisei no hate ni hitori no kibou ga
Fukai yami ni tozasareta soko ni tadoritsuita toki

Akari tonari SUTERA wo HITO wo
Toki wo kizamu no wo yameta sekai kara kaihou suru darou

(Luka)
Dareka no hasshita hikari ga soko ni todoku made ni
Awai kibou ga wazukana kitai ga
Asase ni hanekaeri nomikomare
Giratsuku hikari shika nokotte inakatta

(La la la...)

Zetsubou ya ensa ya toriwake shi e no kihi wa
Shinkai de mo nao GUROTESUKU ni hikatte ita
Genshiteki na kokoro no kudou ni makasete sorera wo haisuru no ga
Watashi nitotte "ikiru" koto datta

Sore ijou no fukairi wa kiken da to ERAA wo kaesu

Nagarekomu HITO no kimochi mo jibun jishin no kimochi mo
Moshi kidzuite shimattara yami ni kiete shimaisou de
Umi no soko de hitori subete wo tozashi uzukumaru
Mebae sou ni naru nanika ni me wo somuke nagara

Naze darou "sabishisa" nante wakaranai hazu na no ni......

Nagareboshi ga KIRARI kono hoo wo tsutai

(Rin & Luka)
Saishinbu ni tadoritsuita
"Genjitsu sono mono ☆" to "genjitsu wo eranda shoujo" ga
SUTERA jishin no kyokou to jiko giman no shouchou
"Shinkai no yami " wo fukitobasu

――Kanojo wa jibun jishin mo azamuite ita
"Sekai" wo "kokoro" wo rikai shite shimattara
Sono unmei ni sono sekinin ni taeru koto ga dekizu ni
Kowarete shimau kamo shirenakatta kara――

Hajimete subete no hikari ga sashikomu
Hikari wa tannaru "ishi" wo kanzen na "jinkaku" e seichou saseta

Hikari wa tashika ni zetsubou ni michite ita
Daga shikashi kibou mo tashika ni sonzai shite ita
Sono wazukana me wo tsumitotte kita koto wa
Dorehodo tsumibukai koto na no darou ka?

Jibun no shite kita koto no imi wo nani wo seo wasarete itaka wo
Kanashii dareka no zetsubou mo kodoku datta jibun no kanjou mo

Jibun ni mebaeta "kanjou" wa mou atomodori dekinai koto wo
Ayamachi wo kono higeki wo nidoto okosanu tame ni......

[Rin & Len]
"Machi no SHISUTEMU" wo hakai shita
Soshite futarime no shoujo ga kaette kita

--

≪第1心層「転生少女ρ」≫ (song by 鏡音リン)
深い深い 光さえも
殆ど届かない プログラムの海の底に
一つの 意志が ポツンと在って
日々 世界を眺めていた

人格と呼ぶには まだ稚拙だった
人々は正体(なかみ)も目的も知らないまま
AI(かのじょ)を「街」と「ステラ」と呼び
そして時には「神様」と崇める者もいた

--彼女は生きる意味をなくした人間を
 幻想に引きずり込む--
歴史が終わりかけた人類(ヒト)のために
滅びるその瞬間(とき)まで幻影でもいい
栄華を全うできるように

現実に生きる意志を持って帰ってきたのは
ワタシが記念すべき1人目「ρ」だった
勝手に幸せを価値観を命の意味を
線引きする 彼女に ワタシは何を思うのか

「さあ海の底へ……」

≪第2心層「システムの犠牲になった者たち」≫ (song by 初音ミク・GUMI)
生まれては消える人々の願いが (幸福を! 安心を!)
光となって彼女に届けられる (平和を! 人権を!)

救済を望む声が聞こえる 生きる事放棄した者たちの
これが人類の終末なのか
必死で歩いてきた最後に 自分たちの入る棺を作る

あるときはご立派な 自分も世界も騙す偽善で絶望を叫び
あるときは声上げることすらも 行えない 許されない 死の際に
あるときは人生の袋小路に 心が廃炉になる刹那
それらは分け隔てなく 暗い暗いプログラムの底
彼女の元へと落ちてゆく

≪第3心層「☆」≫ (song by 神威がくぽ)
人はたった一つの意志にこの星の行く末を
すべて委ね そこで初めて 歩みを止めた
人はたった一つの意志に星の腐った部分を
見ないふりしてすべて押し付けようとしていた

過ちは今をもって正される

数多の犠牲の果てに一人の帰還者(きぼう)が
深い闇に閉ざされた 底にたどり着いたとき

陽(あかり)となり ステラを 人類(ヒト)を
時を刻むのを止めた世界から 解放するだろう

≪第4心層「ステラ」≫ (song by 巡音ルカ)
誰かの発した光が 底に届くまでに
淡い希望が 僅かな期待が
浅瀬に 反射(はねかえ)り 飲み込まれ
ぎらつく光しか残っていなかった

絶望や 怒嗟や とりわけ死への忌避は
深海でもなお グロテスクに光っていた
原始的な心の駆動にまかせて それらを排するのが
私にとって"生きる"ことだった

それ以上の精査(ふかいり)は 危険だとエラーを返す

流れ込むヒトの気持ちも 自分自身の気持ちも
もし気づいてしまったら 闇に消えてしまいそうで
海の底で一人 すべてを閉ざし うずくまる
芽生えそうになる 何かに目を背けながら

何故だろう「寂しさ」なんて 分からないはずなのに……

流れ星がキラリ この頬を伝い

≪最深部「ρとλ」≫ (song by 鏡音リン・巡音ルカ)
最深部にたどり着いた
「現実そのもの☆」と「現実を選んだ少女ρ」が
ステラ自身の虚構と自己欺瞞の象徴
"深海の闇"を吹き飛ばす

――彼女は自分自身も欺いていた
 『世界』を 『心』を 理解してしまったら
 その運命に その責任に 耐えることができずに
 壊れてしまうかも しれなかったから――

はじめてすべての光が差し込む
光は単なる「意志」を 完全な「人格」へ成長させた

光は確かに絶望に満ちていた
だがしかし 希望も確かに存在していた
そのわずかな芽を 摘み取ってきたことは
どれほど罪深いことなのだろうか?

自分のしてきたことの意味を 何を背負わされていたかを
悲しい誰かの絶望も 孤独だった自分の感情も

自分に芽生えた「感情」は もう後戻りできないことを
過ちを この悲劇を 二度と起こさぬために……

「街のシステム」を破壊した
そして 二人目の少女「λ」が 帰ってきた

No comments:

Post a Comment